上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひさしぶりです。梅田です。
お恥ずかしながら(アラサーになって)帰ってまいりました。
そうですね。
初潮以上更年期未満、揺れる年頃です。
アラサーと括っておりますが、一口にアラサーといっても、その実は25-34までの10年間を指す罪深い言葉です。
恐ろしい。どうして四捨五入は5から繰り上げなのか。
頼む。25は見逃してくれ。
25なんてまだケツの青い20代じゃないか。
正直、25や26そこらで「わたしアラサーなんでぇ~」とかいう女には土下座して謝るまで往復ビンタ食らわしたくなる(本音)。
だから、25はアラサー一族の中でもほぼヒヨッコすぎて眼中に入らない。
その代り35はアラサーの仲間に入れてくれやってはくれまいか。

頼むよ…35からのアラフォーはまだ跨ぐにもくぐるにもまだまだ仕切りが高けぇんだよ…(しくしく)

アラサーって現実だけでまだ手一杯なのに、こっからアラフォーっていう荒波にも揉まれていかねばならんのか、いっそ死ぬんじゃ…。
という切実な思いを抱えてからこそがアラサーの醍醐味ではないでしょうか。
正直、25、26のときは私もアラサーか~とは思いましたが、それは、「よしよし、もう年長さんなんだからしっかりしなきゃだめでちゅよ~」って母ちゃんに頭ヨシヨシされてる幼稚園児にすぎません。
アラサーの本番は正直28すぎてから。
こっからです。
アラサーがグッと真実味を帯び、且つ、圧力を増してくるのは

アラサーの私たちが年齢とともに体力や活力を失うのに反比例するように周囲からの圧力はガンガン増していきます

おいおい、頼むわ。弱り目に祟り目だっつーの、おいおい。


「そろそろ結婚したら」→できるもんならとっくにしてる

「あんた彼氏もつくんないで」→作れるもんならとっくに作ってる

「そろそろ孫の顔が見たい」→見せれるもんならとっくに見せてる

そんなもん。どれもこれも、

とっく

とっく

とっっっくですよ!!!!

んなもん、できるもんならどれもこれも全部とっっっくにやっとるっつーの!!!!


最近、未婚の友達っていうと、可も不可もないブスか、難ありの美人しか残っていないことに気づきました。
ブスというと語弊がありますが、これは見た目というよりも内面のブスです。
卑屈であったり、コミュ障だったり、対人関係でちょっと苦労しそうなタイプ。
難ありの美人は、それこそ、なんでこの人こんな可愛いいのに美人なのに彼氏いないんだろ~結婚してないんだろ~~ってなるそれなりの難を抱えた美人です。
ここの難には、性格だけでなく、これまでの男性遍歴やそこからの対男性に対する変な耐性の無さや逆に耐性がありすぎるパターン両方も含まれます。
そこでわたくし、難ありのブスが満を持しての登場です。
そりゃな。
うん。
彼氏もいないし結婚もしてないわな、と一同納得。


そんな難ありのブスなわたくしが久しぶりに自分を見つめなおしたり何やかやしたくなってブログを再開した次第です。
アラサーの重圧つれぇ。つれぇ。
スポンサーサイト
daysCM0. TB0 TOP▲
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。